〔くりっく365〈FX〉〕 IFO注文

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文手法です。新規注文(IF注文)が成立した時点で、次に決済注文(Done注文)としてOCO注文が発注されます。

具体例

円→米ドルの【売気配】(買付レート)122.00円のとき、120.00円の指値で買付のIF注文、Done注文として122.00円の指値で売却のOCO第1注文、118.00円のトリガで売却のOCO第2注文をする場合

  • ⇒【売気配】(買付レート)が120.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が122.00円以上、または118.00円以下になった時点で売却注文が成立します。
具体例:IFO注文
Adobe Reader

新しいウィンドウで開きます。Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」のバージョン7以降が必要です。

  • Adobe Readerはアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

  • アドビシステムズ、AdobeReaderおよびAdobeReaderのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。


お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > くりっく365<FX> > 注文方法

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  デビットスマート認証振込ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.