〔くりっく365〈FX〉〕 指値注文を発注していますが、プライスボードや相場表見ると指定した価格に到達しているのに約定していないのはなぜですか?
プライスボードや相場表でご覧いただく4本値(始値・高値・安値・直近約定値)は、取引所における約定レートであり、「売り」「買い」の区別はなく表示されています。くりっく365 ではマーケットメイク方式による取引のため、お客さまの買い注文はマーケットメイカーの売気配と約定し、売り注文はマーケットメイカーの買気配と約定します。

つまり、買い注文が成立したレートで同時に売り注文が成立しているわけではありません。(「売り」の4本値=「買い」の4本値ではありません。)
通常はマーケットメイカーが提示する買気配と売気配にはスプレッドがあるため、買気配(「売り」レート)<売気配(「買い」レート)となり、

結果として、
「安値」 ⇒ 買気配と約定した売り注文のうち最も安い約定値が表示
「高値」 ⇒ 売気配と約定した買い注文のうち最も高い約定値が表示
されることになります。

その他の理由としては、くりっく365 の注文には時間優先の原則があり、注文数量に対してマーケットメイカーの提示した数量が少ない場合など、提示数量がすべて約定してしまうと時間的に遅れた注文は約定しないこともあります。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > くりっく365<FX> > 注文方法

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  スマート認証デビット振込ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.