〔Oh! FX〕 Oh! FX で発生する税金について教えてください。

申告分離課税

個人が行った店頭における外国為替証拠金取引で発生した利益(売買による差益及びスワップポイント収益)は、雑所得として所得税15%、住民税5%の税率による申告分離課税となります。ただし、平成25年1月1日~平成49年12月31日までは、復興特別所得税として、所得税の額に2.1%を乗じた金額(利益に対しては、0.315%)が追加的に課税されます。
詳しくは、税理士等の専門家にお問合せください。

※税率、課税関係は税法およびその解釈が将来変更されることがあります。

損益通算可能

差金等決済をした他の先物取引の損益に加えて、取引所の先物取引(取引所為替証拠金取引、株価指数先物取引、商品先物取引など)との損益を通算して申告できます。したがって、くりっく365との損益通算が可能になります。

損益通算可能

損失の3年間繰越控除

その年に控除しきれない損失については、翌年以降3年間にわたり、申告分離課税となる、「先物取引に係る雑所得等」の金額から繰越控除できます。
ただし、損失の繰越控除を受けるためには、損失が発生した年について確定申告をする必要があり、その後も、取引がなかった年を含め年間の取引の損益に関わらず、毎年連続して確定申告をする必要があります。詳しくは、税理士等の専門家にお問合せください。

損失の3年間繰越控除

ご注意事項ご注意事項

  • 掲載された各情報について万全を期しておりますが、その正確性や完全性を保証するものではなく、また最新のものではない可能性があります。税制の改正などが行われた際には、掲載内容が予告なく変更となる可能性があります。最新情報については、国税庁、税務署などの関連情報をご確認ください。
  • 掲載された税制・情報については、税金における一般的な説明を目的としたものです。税金に関してはお客さまの状況により異なりますので、税務署や税理士等の専門家に詳細をご相談のうえ、ご確認ください。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > Oh! FX > 税金

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  デビット振込スマート認証ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.