〔住宅ローン〈フラット35〉〕電子契約サービスでの契約の住宅ローンは、書面での契約の住宅ローンと同じですか?

Image

以下をご参照ください。
なお、お借入後に契約方法を切替することはできません。

 

電子契約での契約手続き 書面での契約手続き
契約方法 電子契約サービス上で電子署名することでの契約手続き 書面の金銭消費貸借契約書での契約手続き
※署名・実印捺印およびご本人さま確認書類の提出が必要です。
契約書作成依頼書にて指定可能な借入希望日 13営業日以降の日付を指定可能 18営業日以降の日付を指定可能
印紙代 不要
※電子契約事務取扱手数料5,500円(税込)が必要です。
必要(お借入金額によって異なる金額です。)
※例:お借入金額が1000万円を超え5000万円以下の場合、2万円収入印紙代が必要です。
抵当権設定手続き 司法書士と面談し書面での手続きが必要
お借入後の契約書控えの発行

電子契約サービス上で契約内容の控えを掲載します。
※印紙代をいただかないため、収入印紙貼付や印紙スタンプ押印はできません。
※フラット35(保証型)・ミスターパッケージローンはWEBサイト上で契約内容をご確認・印刷いただくことも可能です。

お借入後、当社から契約書の写しを郵送します。
※印紙スタンプ押印済みのものを郵送します。
※フラット35(保証型)・ミスターパッケージローンはWEBサイト上で契約内容をご確認・印刷いただくことも可能です。


ご注意事項ご注意事項

  • 地方自治体等の補助金・助成金等の申請手続きへの利用については新しいウィンドウで開きます。こちらをご参照ください。
  • 電子契約サービスでの契約手続きをご利用いただけるかたについては新しいウィンドウで開きます。こちらをご参照ください。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > 住宅ローン(フラット35) > ご契約

Q&A > 住宅ローン(フラット35) > 必要書類

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  スマート認証デビット振込ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.