〔ミライノ デビット〕利用通貨も決済通貨の設定も米ドルなのに、日本円で引落されました。なぜですか。

米ドルによるショッピングまたは海外ATMご利用の際、決済通貨を米ドルに設定しているにもかかわらず、日本円で引落しがされた場合、下記の理由が考えられます。

外貨普通預金(米ドル)の残高不足
代表口座外貨普通預金(米ドル)の残高が不足している場合は、代表口座外貨普通預金(米ドル)からは引落さず、請求金額の全額を代表口座普通預金口座から引落します。
※不足分のみ円決済とはなりません

加盟店(ご利用店舗)が、米ドルでの仮売上情報を送信しなかった場合
ミライノ デビットでは、ご利用加盟店から到着した仮売上情報をもとに代表口座からご利用金額の引落しを行ないます。
韓国の一部加盟店(免税店や機内販売等)では、仮売上情報の通貨に米ドルを設定できない場合があります。その場合、当社では仮売上情報の通貨に基づいて、請求金額の全額を代表口座普通預金口座から引落します。
※米ドルでのお支払いができるのは、仮売上情報と、その後送信される売上情報のご利用通貨が、どちらも米ドルに設定されていた場合に限ります。米ドル決済ができなかったご利用については請求金額の全額を代表口座普通預金口座から引落します。

ご注意事項ご注意事項

  • 米ドルでのお引落完了後、ご利用明細が確定する前に決済通貨を日本円に戻すと、お客さまのご利用状況により、お引落済の金額も日本円へのお支払へ変更となる場合があります。 ご利用明細確定まで、決済通貨は変更されないことを推奨いたします。 ご利用明細の確定状況は、デビット会員用ページの「ご利用明細照会」画面から確認できます。
  • 外貨によるショッピングまたは海外ATM利用の際に外貨決済をご指定の場合、海外事務手数料をお支払いいただきます。 ご利用予定額に海外事務手数料を加算した金額以上の残高をご用意ください。
    詳しくは新しいウィンドウで開きます。こちらをご確認ください。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > ミライノデビット > お支払・決済通貨・利用限度額・明細

Q&A > ミライノデビット > 海外での利用

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  デビットスマート認証振込ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.