〔住宅ローン〈フラット35〉〕 借換の場合、自己資金は必要ですか?自己資金を用意すると金利に影響がありますか?

Image

借換えの場合、自己資金のご用意は必須ではありません。
お借入可能額は、フラット35(買取型)、フラット35(保証型)のどちらも、以下のいずれか低い額までとなります。
・借換対象となる住宅ローンの残高の100%
・機構による担保評価額の200%

ただし、借換にかかる費用のうち、借入対象にならない費用や、借入金額に含めない費用については、自己資金でご用意ください。
借入可能な諸費用については新しいウィンドウで開きます。こちらをご参照ください。

借換いただける住宅ローンには所定の条件があります。詳しくは新しいウィンドウで開きます。当社のWEBサイトをご参照ください。

また、借換の場合は、フラット35(買取型)、フラット35(保証型)のどちらも、自己資金の用意の有無で適用金利が変わることはありません。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > 住宅ローン(フラット35) > 貸出条件

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  スマート認証NEOスマート認証デビット振込

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.