〔住宅ローン〈ネット専用〉〕 未収利息について
Image

金利タイプが変動金利タイプで、返済方法が元利均等返済の場合、適用金利の見直しは6ヵ月ごとになりますが、約定返済額の見直しは5年ごとになります。そのため、6ヵ月ごとの金利の見直しで適用金利が上がった場合にも約定返済額が変わらず、約定返済額に占める利息の額が増え、その分だけ元金に充当される額が減ることになります。急激に金利が上昇した場合には、約定返済額に占める利息分が約定返済額を上回ってしまう場合があり、約定返済額を上回った利息分が未収利息になります。

「未収利息」は翌月以降に繰り延べされていくため、その結果、毎月の返済が利息のみとなり、元金が減らない場合があります。また、5年ごとの約定返済額の見直しについても、それまでの約定返済額の1.25倍を超えて増額されることはないため、急激に金利が上昇した場合などは、約定返済額の見直し後も未収利息が発生し続ける場合があります。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > 住宅ローン(ネット専用) > 契約内容照会

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  スマート認証デビット振込ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.