〔くりっく365〈FX〉〕 トレール注文

あらかじめ価格を指定し、トリガ注文を出す際に設定できる機能です。価格の動きにあわせてトリガ価格が自動的に変更されます。

トレール機能とは

トリガ注文を出す際に設定できる機能です。価格の動きにあわせてトリガ価格が自動的に変更されます。

買い注文の例

現在の米ドル/円の価格が85円。

現在、85円の売り建玉を保有している。
86円以上になったら損切りとなる買いトリガ注文を出しておきたい。
ただし、値段が予想通りに下がるようであれば、価格から1円上に離れたところにトリガ注文を自動的に出し直したいと考えた場合。

  • ⇒この場合、85円の価格の時点でトレール値幅を1円と設定して、トリガ注文を出すことにより、下図のように約定します。

トレール機能 買い注文の例

売り注文の例

現在の米ドル/円の価格が85円。

現在、85円の買い建玉を保有している。
84円以下になったら損切りとなる売りトリガ注文を出しておきたい。
ただし、値段が予想通りに上がるようであれば、価格から1円下に離れたところにトリガ注文を自動的に出し直したいと考えた場合。

  • ⇒この場合、85円の価格の時点でトレール値幅を1円と設定して、トリガ注文を出すことにより、下図のように約定します。

トレール機能 売り注文の例

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > くりっく365<FX> > 注文方法

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  スマート認証NEOスマート認証デビット振込

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.