〔住宅ローン〈フラット35〉〕 フラット35の金利引下げの要件の併用はできますか?

Image

当社で取扱いのフラット35(買取型)、フラット35(保証型)での併用については、以下をご参照ください。
なお、フラット35リノベのうち、リフォーム一体タイプは取扱っておりません。
Image ○…併用可能  ×…併用不可
※1 子育て支援型、地域活性型(地方移住支援以外)(地方移住支援)はいずれか1種類のみと併用可能です。
※2 フラット35S(AプランまたはBプラン)、フラット35リノベ(AプランまたはBプラン)のいずれか一種のみと併用可能です。

(注) フラット35地域活性化型(UIJターン・コンパクトシティ形成・空き家対策・防災対策)のいずれかの場合です。

併用パターン①
併用するフラット35商品の金利引下げ期間が重複する間は、それぞれのフラット35商品の金利引下げ幅を合算した金利引下げ幅が適用されます。 金利引下げ期間は、それぞれの商品のものから変更はありません。

例)
フラット35S・Aプラン(当初10年間、年-0.25%の金利引下げの契約の場合)と子育て支援型(当初5年間、年-0.25%の金利引下げの場合)を併用の場合、引下げ期間が重複する当初5年間は年-0.50%(年-0.25%+年-0.25%)が適用、6~10年目は年-0.25%の金利引下げのみが適用となります。 ※上記はあくまでも一例です。金利引下げ幅は、正式審査申込時期により異なります。

併用パターン②
併用するフラット35商品のうち、フラット35リノベ(Aプラン・Bプラン)の金利引下げ期間が2年間延長されます。 金利引下げ幅は変わりません。

例)
フラット35リノベ・Aプラン(当初10年間、年-0.5%の金利引下げ)と地域活性化型(地方移住支援以外)(当初5年間、年-0.25%の金利引下げの場合)を併用の場合、当初12年間が年-0.5%の金利引下げとなります。 ※上記はあくまでも一例です。金利引下げ幅は、正式審査申込時期により異なります。

併用パターン③
併用するフラット35商品のうち、フラット35リノベ(Aプラン・Bプラン)の金利引下げ期間が6年間延長されます。金利引下げ幅は変わりません。

例)
フラット35リノベ・Aプラン(当初10年間、年-0.5%の金利引下げ)と地域活性型(地方移住支援)(当初10年間、年-0.3%の金利引下げの場合)を併用の場合、当初16年間が年-0.5%の金利引下げとなります。※上記はあくまでも一例です。金利引下げ幅は、正式審査申込時期により異なります。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > 住宅ローン(フラット35) > 申込み

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  スマート認証デビット振込ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.