NEOBANK 住信SBIネット銀行
NEOBANK 住信SBIネット銀行

すべて
よくある質問
商品・サービス
法人サービス
その他

よくあるご質問TOP

ID:4707
作成日: 2021/06/03
6

〔外貨預金〕 損益を確認する機能はありますか?

外貨預金の損益に関しては、「参考評価損益」と「実現損益」があり、以下ページにてご確認いただけます。
新しいウィンドウで開きます。外貨損益状況 評価損益
新しいウィンドウで開きます。外貨損益状況 実現損益
※アプリの場合は、〔メニュー>外貨預金>外貨普通預金>評価損益または実現損益〕よりお進みください。

【参考評価損益の表示】
現在の外貨預金残高と換算レート・平均購入レートにより算出した参考の評価損益を表示します。

計算方法

参考評価損益 = 外貨預金残高 × (換算レート - 平均購入レート)

【例】
1月10日  2,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(20USD)
2月 5日  1,000円  1USD=105.00円で米ドルを購入(9.52USD)
3月16日  3,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(30USD)
平均購入レート = (2,000 + 1,000 + 3,000) ÷ (20 + 9.52 + 30) = 100.80円

4月 2日  1USD=103.5円の時の参考評価損益は以下のとおり
評価損益 = (103.5円 - 100.8円) × (20 + 9.52 + 30) = 160円


【実現損益の表示】
外貨預金の売却時において、平均購入レートと約定レートの差分から生じる損益を表示します。

計算方法

実現損益 = 取引金額(外貨) × (約定レート - 約定時の平均購入レート)

【例】
1月10日  2,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(20USD)
2月 5日  1,000円  1USD=105.00円で米ドルを購入(9.52USD)
3月16日  3,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(30USD)
平均購入レート = (2,000 + 1,000 + 3,000) ÷ (20 + 9.52 + 30) = 100.80円

4月26日  1USD=106.0円の時に40USDの売却を実施した場合の実現損益は以下のとおり
実現損益 = 40USD × (106円 - 100.80円) = 208円


詳しくは、新しいウィンドウで開きます。損益の計算方法 にてご確認ください。

なお、当社での外貨預金取引以外の方法で取得した外貨預金については、取得レートをお客さまご自身でご登録いただく必要があります。
取得レートを登録いただくことにより、より正確な損益を計算することが可能となります。
取得レートの登録はこちら
※アプリの場合は、〔メニュー>外貨預金>外貨普通預金>取得レート登録」よりお進みください。

取得レートをご登録いただくと、そのレートを基にする実現損益が翌営業日に反映いたします。

※「外貨損益チェッカー」の計算は、当社独自の計算方式を採用しております。評価損益および実現損益の計算結果は税法上の為替差損益と一致することをお約束するものではありません。
税法上の為替差損益の計算方法については、税理士や最寄りの税務署等にご相談ください。
外貨預金の損益に関しては、「参考評価損益」と「実現損益」があり、以下ページにてご確認いただけます。
新しいウィンドウで開きます。外貨損益状況 評価損益
新しいウィンドウで開きます。外貨損益状況 実現損益
※アプリの場合は、〔メニュー>外貨預金>外貨普通預金>評価損益または実現損益〕よりお進みください。

【参考評価損益の表示】
現在の外貨預金残高と換算レート・平均購入レートにより算出した参考の評価損益を表示します。

計算方法

参考評価損益 = 外貨預金残高 × (換算レート - 平均購入レート)

【例】
1月10日  2,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(20USD)
2月 5日  1,000円  1USD=105.00円で米ドルを購入(9.52USD)
3月16日  3,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(30USD)
平均購入レート = (2,000 + 1,000 + 3,000) ÷ (20 + 9.52 + 30) = 100.80円

4月 2日  1USD=103.5円の時の参考評価損益は以下のとおり
評価損益 = (103.5円 - 100.8円) × (20 + 9.52 + 30) = 160円


【実現損益の表示】
外貨預金の売却時において、平均購入レートと約定レートの差分から生じる損益を表示します。

計算方法

実現損益 = 取引金額(外貨) × (約定レート - 約定時の平均購入レート)

【例】
1月10日  2,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(20USD)
2月 5日  1,000円  1USD=105.00円で米ドルを購入(9.52USD)
3月16日  3,000円  1USD=100.00円で米ドルを購入(30USD)
平均購入レート = (2,000 + 1,000 + 3,000) ÷ (20 + 9.52 + 30) = 100.80円

4月26日  1USD=106.0円の時に40USDの売却を実施した場合の実現損益は以下のとおり
実現損益 = 40USD × (106円 - 100.80円) = 208円


詳しくは、新しいウィンドウで開きます。損益の計算方法 にてご確認ください。

なお、当社での外貨預金取引以外の方法で取得した外貨預金については、取得レートをお客さまご自身でご登録いただく必要があります。
取得レートを登録いただくことにより、より正確な損益を計算することが可能となります。
取得レートの登録はこちら
※アプリの場合は、〔メニュー>外貨預金>外貨普通預金>取得レート登録」よりお進みください。

取得レートをご登録いただくと、そのレートを基にする実現損益が翌営業日に反映いたします。

※「外貨損益チェッカー」の計算は、当社独自の計算方式を採用しております。評価損益および実現損益の計算結果は税法上の為替差損益と一致することをお約束するものではありません。
税法上の為替差損益の計算方法については、税理士や最寄りの税務署等にご相談ください。
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

関連するご質問

Now Loading...

Now Loading...