〔住宅ローン〈フラット35〉〕 フラット35とフラット35Sの違いはなんですか?

Image

フラット35Sは、フラット35Sは、フラット35(買取型)、フラット35(保証型)をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、フラット35のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。
※フラット35Sをご利用いただくには、フラット35(買取型)、フラット35(保証型)の技術基準に加えて、フラット35Sの技術基準に適合することを証明するために、検査機関による物件検査を受けていただき、適合証明書が交付される必要があります。詳しくは住宅金融支援機構のWEBサイトにてフラット35Sの技術基準をご覧ください。
※フラット35Sは、新築住宅の建設・購入及び中古住宅の購入の際にご利用いただけます(借換融資には、ご利用いただけません。)。
※フラット35Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、制度拡充終了日を前倒しすることとなります。
※フラット35Sは、正式審査のお申込日(住信SBIネット銀行での書類受入日)により、金利引下げ幅が異なります。

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > 住宅ローン(フラット35) > 貸出条件

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  デビット振込スマート認証ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.