〔外貨預金〕 複合指値(IFD)とはなんですか?
複合指値(IFD)とは
2つの指値注文を同時に出し、1つめの注文が成立したら、もう一方の注文が有効になる注文方法です。
「買付後売却」・「売却後買付」があり、それぞれ指値・逆指値を指定できます。

複合指値(IFD)は第1注文のみ成立し、第2注文は成立しない場合(有効期限切れの場合)があります。その場合も成立した第1注文は有効です。
当社が提示する為替レートが、お客さまが指定した取引条件に到達したときの当該為替レートが適用為替レートとなります。

注文受付時間
原則として24時間365日

ご注意事項ご注意事項 

  • 以下の時間帯はシステムメンテナンスのためすべての注文を受付けません。
    - 月曜日の6:50から7:00まで
    - 火曜日から土曜日の6:50から7:00まで(サマータイムの時期は、5:50から6:00まで)
    - 日曜日の0:00から5:00まで


お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > 外貨預金 > 注文方法

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  スマート認証NEOスマート認証デビット振込

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.