〔住宅ローン〈その他〉〕金利の変更(金利切替)方法を教えてください。
Image

お手続き方法は、現在の金利タイプに応じて以下を参照し、WEBサイトからお手続きください。

変動金利タイプから固定金利タイプへ変更をご希望の場合
ご希望の金利切替月の1日から約定返済日の前日までに 新しいウィンドウで開きます。住宅ローン 金利切替 より予約してください。

固定金利タイプから固定金利タイプへ変更をご希望の場合
固定金利特約期間満了月の1日から固定金利特約期間満了月の約定返済日の前日までに 新しいウィンドウで開きます。住宅ローン 金利切替 より予約してください。
※固定金利特約期間中の変更はできません。

固定金利タイプから変動金利タイプへ変更をご希望の場合
固定金利特約期間満了後に自動的に変動金利へ切替わります。手続きは不要です。

ここがポイント

金利タイプの選び方

変動金利タイプの場合、金融市場の金利水準が低く(高く)なれば適用金利も低く(高く)なります。固定金利特約タイプは、選択いただいた期間中に適用金利が固定され、その期間中は金利が変動しません。
変動金利タイプは短期金利に連動し、固定金利特約タイプは金融市場での長期金利に連動します。一般的に、長期金利より短期金利のほうが金利水準は低いため、将来にわたって金融市場での金利水準が大きく変動することがなければ変動金利タイプのほうが有利と考えられますが、金利水準が上昇局面にある場合は、固定金利特約タイプであれば選択した期間中は適用金利が一定なので、固定金利特約タイプのほうが有利と考えられます。

【固定金利と変動金利】

金利タイプの選び方例

固定金利タイプへの変更の場合、金利切替手続きの時限は、曜日や銀行営業日に関係なく、約定返済日の前日までとなります。
※約定返済日が土日祝日や銀行休業日にあたる場合、引落日は翌営業日となりますが、
  約定返済日は変更されません。
※最終返済期日内の固定期間が選択いただけます。
  最終返済期日を超えての固定期間は選択いただけませんのでご注意ください。
具体例

約定返済日が12日(日)で、金利切替をご希望の場合
12日(日)の前日、11日(土)までに金利切替を予約してください。

なお、以下の場合は予約ができませんのでご注意ください。
  • 約定返済の入金が遅れている場合
  • 一部繰上返済、全額繰上返済を予約済みの場合
  • すでに金利切替を予約済みの場合
  • 毎月返済分の返済が完了し、半年毎増額返済分のみが残っている場合

お客さまの疑問は解決しましたか?

カテゴリ

Q&A > 住宅ローン(その他) > 金利切替

Q&A > お問合せフォームによくあるご質問 > 住宅ローン(提携・その他)

関連Q&A

Q&A検索

検索の多いキーワード :  デビットスマート認証振込ランク

Copyright© SBI Sumishin Net Bank, Ltd. All Rights Reserved.